ワンタップバイの口座開設の申し込みが終わったら、簡易書留郵便が届くのを待つ事になります。

申し込みが終わるとメールが届くのですが、そこには「2週間~3週間程度かかる」と記載されています。
ワンタップバイ申し込み後のメールの2週間~3週間程度で口座開設完了のご案内をお受取りください。と書かれている部分

同時申し込みの方のCFD口座の方は「1週間~10日程度」と書かれていました。
ワンタップバイのCFD口座申し込み後のメールの1週間~10日程度で口座開設完了のご案内をお受取りください。と書かれている部分

2週間~3週間だったら、「結構かかるんだなぁ」って思って、ちょい萎えたのですが、同様に、どのくらいでワンタップバイで取引ができる様になるのか?って思う方もいると思います。

なので、ワンタップバイの口座開設にかかった実際の日数を記載します。

私の場合は、実際には、8日でした。(申し込み日を入れないなら7日)

なので、メールで2週間~3週間って見てもそこまでかからない事が多いと思うのであんま気落ちする必要はないです。

※どのくらいで取引できる様になるかは、ワンタップバイへの申し込み数の状態だったり、配送業者さんの状況にもよると思うので一例としてとらえて下さい。

ワンタップバイ 米国株

スポンサーリンク

One Tap BUYの申し込み登録が完了した日は6月24日(月曜日)23時50分

私がOne Tap BUYの口座開設の申し込み登録が完了したのは、6月24日(月曜日)の深夜23時50分です。

ほぼ25日ですが。

ワンタップバイへの申し込み(登録)が完了して待ってると、簡易書留郵便を発送しました、ってメール↓が来るのですが、このメールが来たのが、6月29日(土曜日)の昼12時でした。
ワンタップバイの口座開設申し込み後の簡易書留郵便を発送しましたメール

なので、5日後に簡易書留が発送されました。

結果、期間は7日間、8日間で取引できる様になった感じ

で、ワンタップバイからその簡易書留郵便が届いた日が、7月1日(月曜日)の15時頃着でした。

29日(発送日)、30日、1日で3日で届いたって感じです。(6月は30日まで)

24日の深夜に申し込んで、1日にログインできる様になったので、結果、ワンタップバイの口座開設の期間は8日間で取引できる様になるって感じでになりました。
(月曜の深夜に申し込みで、翌週の月曜日にログインできる様になりました。)

24日をいれないなら口座開設にかかる期間は7日間って感じです。(24日の23時50分に申込完了したので。)

ワンタップバイへの入金も考えるとプラスα

取引するにはワンタップバイの口座への入金が必要で、おいたまま買付の提携銀行でないって場合には、15時以降なら翌営業日に反映されて取引できる様になります。

なので、プラスαで、翌日が平日なら+1日、土日祝日なら+3~4日後に取引できるって事には注意して下さい。

ロボ貯アプリの積み株での自動定期買付の設定自体は入金反映される前からできます。

実際の初回の買付日までに入金ができればOKです。

届いたらログインパスワードを変更

また、ワンタップバイから簡易書留郵便が届いてログインできる様になったらログインパスワードを変更しておくのが良いと思います。

パスワード変更は、「メニュー→パスワードの変更」からできます。
ワンタップバイのログイン後のパスワード変更の箇所

遅いとは感じなかったけど早くやった方が良い

8日なので、遅いって感じは私はしなかったですが、思い立った時に買付ってできる様にするには、やっぱり口座がないとできないので、口座開設しようと思ってて時間とれるなら早めにやっとくのが良いかと思います。

口座開設は無料で、維持手数料なんかもなく無料なので。

って事で、ワンタップバイの口座開設にかかった日数についてでした。

私の場合はかかった期間は8日間でした。

次ページ→投資を始めるならワンタップバイのマンガは一通り読むのはおすすめ

ワンタップバイ 米国株

スポンサーリンク