住信SBIネット銀行はネオモバに即時入金できる銀行です。

ネオモバに即時入金できるのは住信SBIネット銀行のみです。

で、振込手数料もかかりません。無料です。

なので、国内株への投資を検討していて、住信SBIネット銀行の口座を持ってるならネオモバ(SBIネオモバイル証券)の口座を作成するのがおすすめです。

【SBIネオモバイル証券】

ネオモバに即時入金できるのは住信SBIネット銀行だけ

ネオモバに即時入金できるのは住信SBIネット銀行だけです。

その他の銀行からだと、入金はもちろんできますが、通常の振込と同様の意味合いになるので、入金反映は翌営業日以降になります。

住信SBIネット銀行だと“即時”での入金が可能になってます。関連:ネオモバへの入金方法

その他の銀行からだと振込手数料がかかる

その他の銀行からネオモバに入金するには、ネオモバで専用銀行口座を発行して、その専用銀行口座への振込をするって形になります。

ネオモバへの入金で使う、専用の、自分の銀行名・支店名・口座番号が発行できるので、その銀行口座に入金ってします。

これは、ただ単に銀行口座への振込って事になる入金のパターンなので、ネオモバへ入金する際にその銀行の振込手数料がかかります。

通常の銀行間の資金移動と同じなので。

住信SBIネット銀行は即時決済サービスでの入金

対して、住信SBIネット銀行の場合は、「即時決済サービス」ってのが用意されていて、それを使ってネオモバに入金ができる様になっています。

で、これでネオモバに入金すると振込手数料が無料です。

で、即時での入金反映ができます。

住信SBIネット銀行だと手数料無料な上に反映も速い

なので、住信SBIネット銀行の口座を持ってるならネオオバ(SBIネオモバイル証券)は相性が良いです。というかSBI系で同系列なので利便性高くなってるって感じです。

SBIネオバイル証券はTポイントも併用して株を購入でき、手数料が月の合計約定代金で決まるっていう買付毎の手数料がかからない証券口座です。

なので、1株からでも手数料気にする事なく買えるので、少額からでも投資できますし、分散して投資しやすいっていう所です。

振込手数料無料の回数も減らない

上記の、即時決済サービス(ネオモバへの即時入金)をした場合、住信SBIネット銀行の振込手数料無料の回数は減らないです。

なので、気兼ねなく入金できます。

住信SBIネット銀行から、その他の銀行だったり、その他の証券口座、FX口座等々に自動送金を設定してるって方もいると思いますが(私はGMOクリック証券だったりトラリピ用だったり)、ネオモバへの即時入金では回数減らないので、それらは変更せずそのままにできます。

即時入金だとネオモバへは手動での入金にはなりますが。

という事で、住信SBIネット銀行からのネオモバへの入金についてでした。

ネオモバの即時入金対象金融機関は住信SBIネット銀行だけです。

住信SBIネット銀行を持ってると即時入金でき、振込手数料無料で使えます。

なので、住信SBIネット銀行の口座持ってて国内株をやる証券口座を検討中って場合はおすすめ所です。

次ページ→ネオモバでの株の購入の難易度がどんな感じか

【SBIネオモバイル証券】

スポンサーリンク