ネオモバ(SBIネオモバイル証券)のTポイント利用手続きが完了した画面

ネオモバは株の購入にTポイントが使える!って知っても、どういう事すんのか、面倒なら嫌だな~って思う事があると思うので、Tカード登録ってどういう事するのかを記載します。

とりあえず登録も簡単ですし、貯めたTポイントを使うのも楽になってます。

=株の購入に使うにあたって意識する事なく日々貯めたTポイントが使える!

Tポイントの登録はログイン後ID連携をする

日々貯めたTポイントを利用するための登録は、ネオモバにログイン後にID連携ってのをします。

これは、トップページからやる箇所があります。「Tポイント利用手続き 未実施」の箇所。

こんな感じで出てます。
ネオモバ(SBIネオモバイル証券)のトップページのTポイント利用手続き未実施の箇所

登録作業は難しくないです。後述。

Tポイント利用連携にはYahoo JAPANのアカウントが必要

ネオモバの口座申し込みで必要になった物でも記載しましたが、Tポイントの利用連携にはYahoo JAPANのアカウントが必要です。

なので、アカウント持ってないって場合には作成する事になります。

YahooのHPに行って、右側にある「ログイン」の横の「ID新規取得」から作成ができます。

Yahoo JAPANのアカウント作成も難しくないです。

SBIネオモバイル証券のTポイント連携(Tカード連携)でやる事

実際にSBIネオモバイル証券(ネオモバ)のTポイント連携(Tカード連携)でやる事は以下です。

ネオモバにログイン
→右上メニュー
マイページを開く
→Tポイント(ID連携)サービス
Tポイント利用手続き照会・解除
ネオモバ(SBIネオモバイル証券)のマイページのTポイント(ID連携)サービスのTポイント利用手続き照会・解除の箇所
→ネオモバポイントサービス規約(T会員用)、Tポイント利用手続きに関する同意事項を開く(チェックマークがつく)
上記の内容を確認し同意しましたにチェックマーク
→取引パスワードを入力
「Y!ログイン」に進む
ネオモバ(SBIネオモバイル証券)のTポイント利用手続きに関する同意事項等を開き取引パスワードを入力しYahooJAPANのアカウントでログインする画面
→YahooJAPANのログインページが開くからログイン(Tカード登録しているYahooJAPANのアカウントだとそのまま次の画面にいきます。)
→「手続きする」へ進む
Tポイント利用手続きの完了!

これで日常生活で貯めたTポイントもネオモバ(SBIネオモバイル証券)での株の買付に利用できる様になります!

Tポイント利用手続き紹介・解除の画面を再度開くと、Tポイント利用手続きの所が「済」に変わってます。

【SBIネオモバイル証券】

ネオモバのTポイントの利用可能ポイントに自動で反映される

その連携したTカードで貯めたTポイントは、自動でネオモバでのTポイントの利用可能ポイントに反映されます。

なので、一度ID連携しちゃえば何も気にする事なく、Tポイントを株の購入にあてる、って事ができます。

スマホのTポイントのアプリで登録すればモバイルTカードとしても使えるのですが、Tポイントが貯まるお店で、Tポイントのアプリを開いてバーコード表示→店員さんに読み取ってもらう、ってしていけば、Tカード出す事なくTポイント貯めていけます。

で、そういった日々の買い物で貯めたTポイントはそのまんまネオモバでの株の買付に使えるTポイントとして「利用可能ポイント」に反映されます。

=連携しておけば面倒な事はなくTポイントを使っていける

Tポイントが貯まる主なお店

Tポイントが貯まる主なお店は、エネオス、ファミリーマート、すかいらーく系(ガスト、バーミヤン、夢庵、ジョナサン等々)、ウェルシア、TSUTAYA等です。

こういったお店で、上述したアプリでのバーコード表示だったり、実物のTカードを手渡すってしていけば、Tポイントが貯められます。

で、その貯めたTポイントはネオモバで使えます。

もってないならエネオスTカードが便利

これからTカード作るならエネオス行って「エネオスTカードをもらって登録する」のが良いかと思います。

エネオスはTカードあるとガソリンが会員価格になったり、曜日でTポイント2倍、3倍、5倍とかをやってるお店があるので。
(エネオスではTポイントは200円につき1ポイントつくのが通常なので、それの2倍とかです。)

TカードならどのTカードでも基本エネオスでは割引受けられます。(エネオスエネジェットは別です。)

が、中にはエネオスTカードじゃないと割引価格がちゃんと反映されないって所があったので、エネオスよく使うならエネオスTカードが良いかと思います。

ネオモバの口座作成自体はTカードはなくてもできます。なので、後日Tカードゲット→ID連携って流れでもできます。

SBIネオモバイル証券の期間固定Tポイントの200は現金と併用して株の買付に使える

ネオモバ(SBIネオモバイル証券)で毎月付与される期間固定Tポイントの200ptは現金と併用して株の買付に使えます。

なので、SBIネオモバイル証券では、期間固定Tポイント&貯めたTポイント&現金(入金してある日本円)と合わせて株の購入に使えます。

期間固定Tポイントの200ポイントは毎月付与されます。

期限は翌月末。

なので、期間固定Tポイントを無駄なく使うには2ヶ月に1回は株を買うってすればOKです。

400ポイント+貯めたTポイント+現金ってすれば、1株から買えるのを考えると特に問題なく使っていけます。

クレジットカードのポイントをTポイントに変えたのも自動反映

また、クレジットカードの中には、クレカ利用で貯めたポイントをTポイントに交換できるのもあります。

私が持ってる物だと、JCB CARD W(Tポイントへ自動交換可能)やオリコのカード(ネットで即交換可能)は交換できます。

なので、クレカ利用→貯めたポイントをTポイントに交換、ってすれば、間接的に、クレカのポイントを株の購入に利用!ってできます。

クレジットカードのポイントを自分のTカードに反映させる際にも、Tカード番号を入力するので、ネオモバと連携してるそのTカードにポイントが反映させれる様になってます。

なので、使ってるクレジットカードのポイント交換先を調べてみて下さい。

交換先にTポイントがあるならTポイントに交換して使うってすればクレジットカードのポイントを無駄にする事なく使えて、それでいて配当だったりで更に再投資とかって流れに繋げられます。

日々の決済作業が。

って事で、ネオモバでのTカードの利用連携についてでした。

Tカードを紐付けしたYahoo JAPANのIDでログインすれば、それでネオモバ(SBIネオモバイル証券)でもそのTカードが紐付くので、それだけで株の購入にTポイントが使える様になります。

自動反映になってるので、使うのも面倒な作業はないので、ネオモバでのTポイント利用については心配する必要はないかと思います。

次ページ→ネオモバって株買わなくても毎月ずっと手数料かかるの?

【SBIネオモバイル証券】

スポンサーリンク