マネーパートナーズの口座を開設する際に「口座開設したら最低こんだけ入金しとかなきゃならない額ってあるのかな?」って疑問が出る事があると思います。

とりあえず、マネーパートナーズには「最低入金額」という物はありません。

口座維持費用なんかもありません。

自分が問題ない額でFX取引ができます。

が、期間次第、なのと、情報ツールの利用に関しては、入金額がないと制限される可能性があります。

これらは取引ガイドに記載されています。
(申込時に読む事が可能です。)

マネーパートナーズ

維持費・管理費等はない

マネーパートナーズのFX口座(PFX、PFXnano)は、開設するのにも費用はかかりませんし、維持するのにも費用はかかりませんし、管理費等も発生しません。

この事は、取引ガイドに以下の様に記載されています。

パートナーズFXnano取引ガイド、II契約の概要 2.取引口座について(2)口座の維持より引用

パートナーズFXnanoの取引口座には、開設費、維持費、管理費等の費用はかかりません。

なので、いくら入っていようが、入ってなかろうが、口座維持に費用はかかりません。

期間次第で閉鎖の可能性

ただ、建玉がなく(ポジションがなく)、残高が取引できる程度にもないのが、パートナーズFXの場合は半年以上、パートナーズFXnanoの場合は1年以上、続いた場合は、口座の閉鎖の可能性はあります。

これについても、取引ガイドに記載されています。

以下はnanoの方(100通貨単位の方)の取引ガイドの記述です。

パートナーズFXnano取引ガイド、II契約の概要 2.取引口座について(2)口座の維持より引用

また、パートナーズFX及びパートナーズFXnanoともに建玉がなく、かつ、取引口座の残高ぎ取引を行い得る金額に満たない状態が1年以上続いた場合には、当社の判断により、取引口座の残高をあらかじめお客様が指定した出金先金融機関の口座へ出金手続きを行ったうえ、取引口座を閉鎖することがあります。

パートナーズFXの方(10000通貨単位の方)は半年以上続いた場合と取引ガイドに記載されています。

最低証拠金

ちなみに、最低証拠金は、100円~105円未満なら、nanoだと480円、PFXなら48000円です。
(ただ、これだけだとポジ持ったら即維持率100%以下になるので、自動ロスカット(nano)or追加証拠金(PFX)です。)

これらも、取引ガイドの(PFX・PFXnanoどちらも)II契約の概要 9.取引単位・証拠金・入出金、の項目だったり、マネーパートナーズの公式HPで確認できます。

情報ツールは5000円未満で制限の可能性

また、マネーパートナーズの情報ツールの利用に関しては、5000円が最低入金額“的な物”としてあります。

以下。

パートナーズFX取引ガイド、II契約の概要 2.取引口座について(3)情報ツールより引用

パートナーズFXの取引口座を開設いただきますと、情報ツール(各種のニュース・情報やチャートシステム)を無料でご利用いただけます。ただし、口座開設後1ヶ月を経過した後、建玉がなく、パートナーズFX、パートナーズFXnano、CFD-Metalsおよび証券口座の純資産合計額に会員残高(未使用分)を加えた額が5,000円に満たない場合、情報ツールのご利用を制限させていただくことがあります。

建玉がなく、残高が5000未満の場合、情報ツールの利用が制限される“可能性”が出てきます。

※上記の引用はパートナーズFXの取引ガイドからです。PFXから。

パートナーズFXnano(PFXnano)の取引ガイドとは微妙に記述が違い、PFXnanoの方には「口座開設後1ヶ月を経過した後、」の記述はありません。

取引ガイドは口座開設時に読めるのでご確認下さい。

まとめ

という事で、マネーパートナーズの最低入金額についてでした。

  • マネパは、FXやるのに好きな額でできる(最低入金額=最低入れなきゃいけない額、自体はない)
  • 口座維持費用等は0円。
  • 半年や1年ポジなく、残高が取引できない額だった場合は閉鎖の“可能性”(閉鎖確定ではない)
  • 情報ツールは5000円以上の入金がないと利用制限の“可能性”(こちらも制限が確定するわけではない)

という感じで利用できるFX会社です。

マネーパートナーズ

スポンサーリンク