マネーパートナーズの最低取引単位は、nanoは100通貨単位で、PFXは10000通貨単位です。

この2つは、口座開設時にどっちを作るか選ぶわけではなく、マネパのFX口座を開設したらどっちも使えます。

nanoでも10000通貨とかはできる

nanoの最低取引単位は100通貨なので、1000通貨もできますし、10000通貨とかもできます。

あくまでも単位&下限の数量が100ってだけです。

1700とかもできる

キリの良い1000通貨とか2000通貨とかだけじゃなく、1200通貨とか、1700通貨とか、700通貨とか、こういうのもちゃんとできます。

nanoは。

上限は10万通貨

nanoの1注文の最大発注数量は10万通貨です。

nanoのメリットは取りたいリスクに細かく近づけられる事

マネーパートナーズのnanoは、最低取引単位が100通貨なので、メリットとして、取りたいリスクにできるだけ近付けられるって面があります。

仮に、1000通貨単位だとすると、選べるのが、1000、2000、3000・・・と幅があるので、「この指値のストップロスは、このレートで◯◯円ぐらいの損失にしたいんだよなぁ」って時でも、丁度良いのにできるかは分かりません。

1000の次に選べるのは2000なので。

が、マネーパートナーズのパートナーズFXnanoでやる場合は、ちゃんと、適切な、取りたいリスク、に近付けて注文できます。

1000じゃなく1100にしようとか、1700にしよう、とか。

100通貨単位で数量を調節できるので。

連続予約注文はどの数量でも可能

マネーパートナーズの便利な注文方法に「連続予約注文」がありますが、連続予約注文もちゃんと、どの通貨量でも注文出せます。

100でも、200でも、1700でも、2200でも。

ちゃんと、キリ番以外の数量でも連続予約注文は使えます。

私自身、連続予約注文を使って注文していますが、キリの良い通貨量以外でもちゃんと注文できてます。

PFXは10000通貨単位

対して、マネーパートナーズのパートナーズFX(PFX)の最低取引単位は10000通貨です。

10000、20000、30000、・・・と数量を10000通貨単位で選べます。

PFXの1注文の上限

1注文の上限は、EUR/JPY、AUD/JPYは300万通貨、他の通貨ペアは200万通貨です。

10100とかはできない

PFXの方は、最低取引「単位」が10000通貨なので、10000の次は20000です。

10100とか、15000とか、17800とかはできません。

こういった通貨量で注文出そうとすると、「受注数量の取引単位が不正です。受注数量は10000単位で指定してください。」って出て来ます。

PFXももちろん連続予約注文はできます。

まとめ

という事で、マネーパートナーズのFX口座での最低取引単位についてでした。

nanoでは100通貨単位、1注文の上限は10万通貨、
PFXでは、10000通貨単位、1注文の上限は300万(ユーロ円、豪ドル円)、200万(その他通貨)です。

まだマネパの口座を開設してないと分かりづらい事があるかと思いますが、nanoとPFXは、マネーパートナーズのFX口座を開設したらどちらも使えます。

別口座扱いで資金は別ですが、一緒に(同時に)も使えます。

入金先で「nano」を選んで、取引画面をnanoを選択し注文→nanoで取引=100通貨単位でできる
入金先で「PFX」を選んで取引画面でPFX(もしくは、Hyper Speed Next等の取引ツール)で注文→PFXで取引=10000通貨単位で取引、です。

また、nanoとPFX間での資金移動は即時反映でできます

という事で、マネーパートナーズの最低取引単位についてでした。

マネーパートナーズ

スポンサーリンク