証券会社作るにあたって、ネオモバ(SBIネオモバイル証券)が候補になる事があると思います。

初めて証券会社作る、とか、の場合に、アメリカ企業の株も買ってみたいって願望が出てくる事があると思いますが、その際にネオモバの口座を作成すれば日本企業の株も外国の企業の株も買えるのかな?って疑問が出て来るかと思います。

が、ネオモバでは外国株(アメリカ株等々)は買えません。

ネオモバで買えるのは国内株です。

なので、外国株も買いたいならその他の証券会社も作成、ネオモバは国内株用って感じになります!

ネオモバ(SBIネオモバイル証券)で取り扱いがあるのは国内株

ネオモバ(SBIネオモバイル証券)で取り扱いがあるのは国内株です。

米国株などの外国株はそもそも取り扱っていないので買えません。

国内株ならネオモバ

外国株扱ってないんじゃ、他の所の方が良いのかな?って思う事があるかも知れませんが、ただ、「国内株ならネオモバ」って内容になってます。


とりあえず国内株をやるならネオモバはやりやすいって感じにはなってます。

外国株扱ってる所も作成するし、ネオモバも作成が気軽

なので、外国株のみやるって場合以外は、外国株扱ってる証券会社の口座作成するし、ネオモバも作成するってのが気軽かと思います。

その他の所で日本株を買おうと思ったら単元(100株)単位での購入になったり(1銘柄に大きめになり外国株購入原資が少なくなる)、一株でやろうと思ったら買う時も売る時も手数料高くて投資額に対する手数料割合が大きくて萎えるってなったりする可能性があるので。

アメリカ株用で作るならSBI証券かワンタップバイ

アメリカ株用で作るならSBI証券の特定口座、源泉徴収ありとNISA口座を作成するのがおすすめです。

SBI証券は外国株の取扱いが豊富ですし(アメリカ株以外にも外国株が買えます。それらはちょい手数料が高いですが。)、米国ETFなんかは自動定期買付機能も使えます

NISA口座作って自動定期買付設定をすれば、時間をあまり使わずにインデックス系で投資を継続していく事ができる様になってます。

なので、米国ETFや米国高配当株とかを買いたいって感じならSBI証券でNISA口座作成するのはおすすめです。

他には、Amazonとか、Googleなど、米国株の有名所で一株の額が大きい会社を買いたい、とか、複数の有名所のホルダーになりたいって場合はワンタップバイの口座作成がおすすめです。

ワンタップバイは取り扱ってる銘柄が限られる&配当は常に円転って部分はありますが、一株単位での購入じゃなく1000円単位で買えるって所なので。
(米国株は日本株と違って1株から買えるのが主流になっています。)

最初に作る証券会社のおすすめ所は株の初心者におすすめの証券会社はこの3つ!に記載しているので、参考にしてみて下さい。

という事で、ネオモバ(SBIネオモバイル証券)って外国株買えるの?って疑問に関してでした。

作成時にふと、「そういえば外国株もネオモバで買えるのかな?」って疑問が出る事があると思いますが、ネオモバでは外国株は取り扱ってない=買えないので留意しておいて下さい。

外国株も買いたいって感じなら、ネオモバ→国内株用、外国株→SBI証券(NISA口座&特定口座源泉徴収あり)やワンタップバイ(特定口座源泉徴収あり)ってして買ってくと自分の願望満たしながら、手数料も安く投資を継続していけるって保有口座になるので、このパターンがおすすめ所です。

【SBIネオモバイル証券】

スポンサーリンク