マネーパートナーズの口座開設の申込み方法についての記事です。

どんな感じで申し込みをするのかが分かると判断しやすくなると思うので記載。

流れの概要

マネーパートナーズの口座開設申込みから実際に取引できる様になるまでの流れの概要は以下です。

  1. マネーパートナーズに行く。
  2. 口座開設に進む
  3. ガイド・規約等への同意
  4. 氏名・住所等々を入力
  5. 職業(選択式)・年収(幅で選択式)・金融資産(幅で選択式)等々を選択
  6. マイナンバー通知書類・本人確認書類を提出(WEBアップロード可能)
  7. 審査
  8. 口座開設完了のメールが来る
  9. 口座にログインするための会員番号・パスワード、専用振込口座の番号が簡易書留郵便で届く
  10. パートナーズFXもしくはパートナーズFXnanoに入金して取引開始

必要事項入力→マイナンバー&本人確認書類をアップロード→審査→口座開設なら郵便受け取り、っていう流れです。

マネーパートナーズ

記入等にかかった時間

私がマネーパートナーズの口座開設の申し込みをした時にかかった時間は、9分くらい、でした。

ガイド・規約等への同意

マネーパートナーズの口座開設を申込む際には、まず、マネーパートナーズの取引ガイドや規約等への同意をする事になります。

以下の質問があり、はい、いいえ、のどちらか等を答える事になります。

それぞれ、リンクになっている箇所があり、分かりづらい様な所や参照が必要な所については、申し込み画面で確認しながら同意できる様になっています。

私が申し込んだ時には、以下の9項目がありました。

  1. パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoのお申込みにあたり、契約締結前交付書面等が当ホームページ上にて提供されることにご同意いただけますか?

  2. 以下の契約締結前交付書面等の内容と「パートナーズFX取引ガイド」および「パートナーズFXnano取引ガイド」内に記載された書面の電磁交付について、確認・理解の上、ご同意・ご承諾いただけますか?
    • 店頭デリバティブ取引に係るご注意
    • マネーパートナーズ外国為替証拠金取引約款
    • パートナーズFX取引ガイド
    • パートナーズFX契約約款
    • パートナーズFXnano取引ガイド
    • パートナーズFXnano契約約款

  3. お客様は、外国PEPs(外国の重要な公的地位を有する方)に該当しますか?
    外国PEPsに該当する方のみ、該当するものを選択してください。

  4. 現在当社では、日本以外に居住地国がある方の口座開設はお受けしておりません。
    お申込みにあたり、以下の内容を誓約いただけますか?
    • お客様の居住地国は日本のみである。
    • この申込みは口座開設申込者本人が入力し、入力情報に間違いはない。
    • 居住地国に変更があった場合には、変更があった日から3ヶ月を経過するまでに異動届出書により申告する。

  5. パートナーズFX取引開始にあたっての確認書(PDF)およびパートナーズFXnano取引開始にあたっての確認書(PDF)を熟読し、以下の点についてご理解いただけましたか?
    • レバレッジの効果および元本利益保証ではないこと
    • 外国為替相場の価格変動について
    • FXの損益計算方法について
    • 追加証拠金制度について
    • 自動決済のルールについて
    • 相対取引への理解およびFX取引のリスクについて
    • お客様の適合性について
    • 外国為替証拠金取引の利益に対する税金に関して

  6. 反社会勢力でないことの確約に関する同意についてを確認・理解の上、ご同意いただけますか?

  7. 口座開設にあたっての個人情報等のお取扱いについてを確認・理解の上、ご同意いただけますか?

  8. 今後、当社からご登録住所・ご登録メールアドレスにキャンペーンや相場状況等の情報、金融商品に関するご案内をお送りしてもよろしいでしょうか?

  9. (アンケート)数ヶ月以内に外貨両替・受取サービスのご利用を予定されていますか?

マイナンバー確認書類がどれなのかを選択

次に、持っているマイナンバー確認書類がどれなのかを選択する事になります。

どのマイナンバー確認書類をお持ちですか?

  • マイナンバーカード(顔写真つき)
  • マイナンバー通知カード
  • マイナンバー付住民票
  • いま手元にない(本人確認書類のみある)
  • いま手元にない(本人確認書類もない)

関連:マネーパートナーズのFX口座開設時の必要書類


私は、マネーパートナーズの申し込みの際には、マイナンバーを確認できる書類がなかったので、「いま手元にない(本人確認書類のみある)」を選び、後日、住民票を個人番号(マイナンバー)付きで発行してWEBアップロードしました。

氏名・住所等の入力

次に、氏名・住所等の入力です。

ここで入力したメールアドレスに、マネーパートナーズからのメールが届きます。

氏名|性別|国籍|生年月日|住所|電話番号|メールアドレス

口座開設にあたっての確認事項を入力

次に、以下の質問を選択肢から選んで答える事になります。

  • 職業(選択式)
  • 年収(幅で選択式)
  • 金融資産(幅で選択式)
  • 投資経験(幅で選択式)
  • 取引締結の主目的(選択肢から選べる状態)
  • 申込経緯(選択式)

「年収」や「金融資産」の部分は、○○○万円~□□□万円未満、等、幅で選択する形式です。(具体的な選択肢は「マネーパートナーズの口座開設の審査に関係あるかもな契約約款やガイドの記載」の記事に記載)

FX口座を作るのが初めての方の場合は、こういった項目を入力する時に躊躇する事があるかと思いますが、パートナーズFX取引ガイド(申込みの際にPDFで確認できます。)のラストの方に記載がありますが、マネーパートナーズは、社内規則で勧誘対象を定めています。

その中に、以下の記載があります。

お客様の適合性を十分に配慮し、次に該当する方については、一切の勧誘は行いません。~中略~「その他、当社で金融商品取引等を行う適合性に欠けると判断される者」

なので、これらの質問項目があるんだと思います。審査に何を使うかは分からないので単なる憶測になってしまいますが。
また、これらは「幅」で選ぶ選択肢になってます。

「投資経験」の部分には、ちゃんと「未経験」の選択肢もあります。

「取引締結の主目的」の部分は、為替変動による売買益を得るため、等の選択肢があります。

「申込経緯」で私は、「インターネット(情報・比較サイト・ブログ等)」を選んで申し込んだのですが、この場合「サイト名」を記入する欄が出てきました。

が、色々見ていてなんて所だったか分からなかったので、サイト名は空白の状態で申し込みを確定しました。

これで、問題なく口座開設できました。

再確認の画面

ここまで終わったら、「入力内容を確認する」が出てきて、クリックすると、今までの選択・記入した物が再度確認できる画面になります。

ラストに「訂正する」「送信」とクリックできる箇所があるので、全て問題なかったら、「送信」をクリックします。

アップロード用URLが記載されているメールが届く

この後は、上記で入力したメールアドレスに各種書類の提出方法が記載されたメールが届きます。

「[マネーパートナーズ]口座開設申込ありがとうございます。」っていう件名でした。

このメールにWEBアップロード用のURLがあります。

マネパの口座が開設できるかどうかの審査は、マイナンバー確認書類&本人確認書類を提出してから、になります。

ちなみに、続けて証券口座の開設へも進めます。

私は、証券口座は作成せず、FX口座のみ作成しました。マネパは証券口座あると、FX口座でも有益なサービスがあるので作成も全然良いかと思います。

マイナンバー確認書類と本人確認書類は、WEBアップロードが楽です。

マネーパートナーズから来たメールに記載されているURLに進むと、提出画面になります。

提出画面も以下の様な感じで、「ファイル選択」から分かりやすくアップロードできる様になってました。

1.マイナンバー書類をアップロード「ファイルを選択」
2.本人確認書類をアップロード「ファイルを選択」
裏面や別のページもアップロードする場合は、別の箇所にもう一つある「ファイルを選択」ボタンからアップロードできます。
3.ページ下部の「アップロード」をクリック

関連:マネーパートナーズの本人確認書類をアップロードする時にやる事や注意点

マネーパートナーズによる審査

これで、マネーパートナーズさん側が申込内容と自社の基準を照らし合わせて審査をする事になります。

口座開設完了

審査が完了すると登録したメールアドレスにメールが届きます。

口座開設完了のお知らせっていうメールでした。

このメールが来たらマネーパートナーズの口座開設ができたのでマネーパートナーズでFX取引できる事が確定って事になります。

書留を受け取って取引可能に。

あとは、自宅に、口座番号・パスワードが記載された簡易書留郵便が届くのでそれを受け取ったら完了です。

マネーパートナーズのHPからログインして、パートナーズFXやパートナーズFXnanoに入金すればFX取引ができます。

マネーパートナーズのFX口座には、「パートナーズFX(PFX)」と「パートナーズFXnano(PFXnano)」と2つありますが、これらはどっちかを選んで口座開設を申し込むのではなく、上記の申し込みの流れで、マネーパートナーズのFX口座を開設すれば、どちらの口座も使える様になります。

どっちかを選んで口座開設を申し込む状態にはなっていませんでした。

また、そもそも申込みの際にはどっちの口座を作るかの選択肢自体出て来なかったので、調べても分からなかったって場合にも安心してOKです。

上述した「取引締結の目的」の所(選択肢に、為替変動による売買益を得るため、等がある所)で、パートナーズFXとパートナーズFXnanoのどちらにも答える箇所があるので、流れのままそこをどちらも答えて申し込む事になります。

という事で、マネーパートナーズの口座開設の申込み方法についてでした。

マネーパートナーズ

スポンサーリンク